M's diary - 日本から世界へ -

~日本、世界、社会を考えるブログ~

歴史

「さようなら」

「さようなら」 最近言ったのはいつですか?言っていそうで言ってなくないです?僕が最後に言ったのはいつのことだろう。もしかして大学時代くらいまで遡り教授とかに「さようなら」と言ったのが最後かしれない、という位に大昔まで遡ってしまうかもしれない…

天下になくては成らぬ人になるか、有ってはならぬ人となれ

この1か月、司馬遼太郎の「峠」を数年ぶりに読み返していた。我が郷里、新潟県長岡の英雄、河井継之助の物語。7月とは長岡にとって忘れられない月。それが峠を再び手に取った理由の一つ。歴史が動いたのは7月29日。 おそらくこのブログの読者は、河井継…

平和と呼ぶには遠く 歴史にするには早く

1945年6月23日 ジリジリと肌を焼く太陽生温い風が吹いた悲しいほど美しい海の青忘れるな ひめゆりの詩を 平和と呼ぶには遠く歴史にするには早く記憶に残せない深い傷を慰める術はないものか 青空の下友は逝った鉄の雨に打たれて忘れるな ひめゆりの詩…

HIROSHIMA

オバマ大統領が広島を訪れた。 相変わらずスピーチがうまい。 最近のキューバとの国交回復や、現職米国大統領として初めての広島訪問は、来年1月の引退前に8年間これといって実績のなかったオバマ氏が実績を残すためのものであると一部では言われている。 で…

明十三陵

かつての中国の王朝「明」の皇帝たちが眠るお墓「明十三陵」へ行ってきた。 我ながら、相当マニアックだと思ったけれどずっと行きたかった場所。 行って見て本当に中国の壮大な歴史と「明」という国の力を感じた。 www.arachina.com インターネットもない600…

温故知新

市島家 Wikipediaより、 市島家は、いわゆる千町歩地主(1000町歩以上を所有する巨大地主)と呼ばれる江戸時代からの豪農の一つで、宗家と複数の分家からなる。冶兵衛を始祖として丹波国にはじまり、16世紀末に新発田に移って以来、米相場への投資などで巨額…