読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

M's diary - 日本から世界へ -

~日本、世界、社会を考えるブログ~

行きます

「行ってきます」ではない、

俺たちは「行きます」と言ってこの地を発った。

 

戦後70年。

あの時代に青春期を過ごした祖父からは、何度もこの話を聞いた。

出兵するときの、村の団結式でのことだそうだ。

行って来ます、つまり行って帰ることは前提になく、若者たちは戦地へ旅立った。

「行きます」

 

この数年、実家に帰るたびに戦争の話を聞かされた。

同じ話は何度も聞いた。何十回も聞いた。

年を経るたびに、同じことを言う。

でも、この話を忘れてはいけない。

もう聞くことはできなくなる。

そんな思いで僕も真剣に聞いた。

 

9月20日、僕は37歳になった。

自分の誕生日が祖父の命日になるとは思わなかった。

たまたま奇跡的に僕は実家にいた。

心臓マッサージを初めて本気で試みた。

思いは届かなかった。

91歳の大往生だった。

でも、前日に最後に共に酒を飲み交わせたこと。

僕は一生忘れることはないだろう。

 

祖父は、戦後出兵先から戻りゼロから事業を起こした。

最も大変だったことは親方がいなかったこと。

暖簾もなければ、信頼もない。

すべてはゼロから事業を創造した。

60年以上たった今、その会社は今でも、地域で一目おかれる存在として事業を営んでいる。

 

僕たちは、戦後第一世代の果てしない挑戦と努力の上に成り立っている。

日本人はそのことを忘れてはいけない。

 

葬儀には、地域の多くの方々が訪れた。

祖父が地域社会に残した足跡は大きい。

  

f:id:Ahead-of-the-Curve:20151017212546p:plain