M's diary - 日本から世界へ -

~日本、世界、社会を考えるブログ~

invictus

今年もあと数日で終わりだ。

 

ふと本屋に足を踏み入れる。瞬間的に目に付くのは、ラグビー関連、とりわけ五郎丸氏を取り上げた本。実にブームに弱い日本人らしい一場面だ。きっと流行語にもなるだろう。

 

とはいえ、日本があの南アフリカ戦で見せた最後のワンシーンは実に感動的だ。世界トップレベルのチームに、最後に勝負を挑み逆転するそのシーンには心を揺さぶられた。

 

一方、南アフリカにとってラグビーとは何か?それを理解していると、またあの試合も違って見えてくる。南アフリカと、ラグビーとは切っても切れない関係にある。

 

タイトルにつけた「invictus」とは、ラテン語で「征服されない」「屈服しない」を意味する語。これは2009年にMatt Damon主演により制作された実話に基づく映画。

f:id:Ahead-of-the-Curve:20151223101639p:plain

 

アパルトヘイトにより疲弊した南アフリカを立て直すには、国民には想像を超えた感動が必要だ。そのためにラグビーワールドカップで優勝すること。ネルソンマンデラはそう誓い、優勝が実現し国が一つになる。

 

www.youtube.com

そういった実話のstory。

 

先日、飛行機の中でたまたまこの映画をみることとなった。

日々仕事で忙しい日々が続いたが良い心の栄養剤になった。

 

是非、冬休みに見てください。