M's diary - 日本から世界へ -

~日本、世界、社会を考えるブログ~

人がすべて

23rd street 

Chestnut StreetからWalnut Streetを突き抜けて2ブロックほど進む。数年前僕がPhiladelphiaの街に住んでいた時にいつも通っていたお店がある。

 

「Trader Joe's」

www.traderjoes.com

Trader Joe's のティラミスが好きだったこともあり、僕は毎週のように通っていたことを覚えている。もちろん様々な食材がそろっているために毎度買い物を楽しんだ。でも、Trader Joe's のチャーミングな所はティラミスだけではない。

 

それは「人」だ。

 

Trader Joe's の従業員には一つの法則がある。皆Tシャツを着てヒッピーのような感じで”ゆるい”。そして、皆、本当にフレンドリーに接しくる。お客様というよりは友達に話しかけるように接してくる。その笑っちゃうくらいなフランクさに毎度驚かされるとともに、親しみを感じた。「nice team」。いつもそう思っていた。ちなみに面接の質問は「冷凍庫にペンギンが入っていたらどうするか」――トレーダー・ジョーズ

 

最近日本のとあるお店で似たような感覚を体験している。そのお店の名前は「成城石井」。Trader Joe'sのようなフランクなスタイルではないけれど、働いている社員が本当に楽しそうに働いている。もちろん僕は全店に行ったことはない。でも少なくとも僕が行く成城石井の店は素晴らしいチームワークで働いてる。結構若い人も多く働いていて眼差しに真摯さを感じる。事業的には着実に成長しているし、しかと若い人材を雇用し育成ができていることが垣間見れる。それが僕の素直な感想だ。僕の内にあるそのような好印象が当店へ僕が足を運ぶ一つの理由であることは間違いない。

 

「Good Team」

 

小売業に限らずB to C であれB to Bであれラストワンンマイル、最後は人と人の繋がりから事が生まれる。そう、現場の人が輝くことが結果的に事業を成長させると思うのだ。事業戦略や差別戦略等、経営者・経営陣は日々頭を悩ませ事業を運営している。でも、実は最高のチームを作ることがこそが、事業戦略であり差別化戦略になるのではないだろうか?僕はそう思う。

 

人がすべて

 

f:id:Ahead-of-the-Curve:20160621101757p:plain

読んじゃいました。