読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

M's diary - 日本から世界へ -

~日本、世界、社会を考えるブログ~

働き方を考える

組織論・マネジメント・リーダーシップ 社会・社会事象

大学を卒業し入社した会社で定年まで汗水たらして働く。そんな時代はとっくに終わった。

 

もちろん一部の企業においてそのような人生を送る人がまだいることは事実だろう。でもこんにちの日本において”安泰”な人生を送ることは決して容易くはない。会社の買収・合併、もちろん倒産だって遠い話ではない。日本経済が坂之上の雲を目指して一丸となって躍進した時代はもう30年も前に終わっている。こんにち、日本経済が直面している現実は厳しい茨の道だ。それも長い長い道だ。

 

しかし、だ。日本の雇用システムは、日本経済がおかれたこの厳しい現実に対して矛盾しいてると思う。環境の変化に対応できていないと思う。進化できていないと思う。たとえば兼業の禁止。日本で慣習として普及するこのシステムが、多角的にもっとやれる・できる人材の可能性を削いでいるように思えてならない。

 

世の中がこれだけ日々クリエイティブに進化しているのに、多くのサラリーマンは、一つの会社のルールにしばられ時間を費やしていく。しかも、そのルールは半世紀も前に作られたルールや慣習だったりする。本日の日経新聞にあるように、日本のそういった雇用システムの中で生産性が下がるのは当たり前だ。

f:id:Ahead-of-the-Curve:20160902162546p:plain

 

パーキンソンの法則というものがある。 

ahead-of-the-curve.hatenablog.com

兼業の禁止をはじめとした硬直的なシステムは、結果的に付加価値の低い仕事を増加させ生産性はドンドン低下していくことになる。

 

ちょっとしたルールを変えるだけで、日本社会は大きく変わるかもしれない。以下は一例だけれど、僕の働き方に対する提案だ。

- 兼職の全面的解禁 (もちろん結果を問う)

- 定時という概念をなくす。Alwaysフレックス(もちろん結果を問う)

- 在宅勤務も自由。必要な時に出社(もちろん結果を問う)

- 会議は立って行う。(厳密には、定例会議の全廃/会議時間は5分刻みで考える。1時間単位を前提としない。準備のない会議の禁止。what/who/whenを決めずして終わらない。)

 

僕も現在複数のことに関わって仕事をしている。仕事はタフだけれど睡眠もしっかり取れているし、楽しい夕食の時間もある。(会議は殆ど5分以内だから相手に驚かれはするが。。)