M's diary - 日本から世界へ -

~日本、世界、社会を考えるブログ~

Innovationは終わらない

最近、メディアでもよく取り上げられている未来食堂。

miraishokudo.com

メニューは定食一種類のみ。1種類しかなく顧客に選択しを与えないので、お店側は効率的準備ができる(牛丼しかない牛丼屋と同じだ)。お客様がご入店した時点で準備に入れる。従ってお店の回転率も上がる。結果的に人件費や食材のロスを減らしている。また、「ただめし」や「まかない」といユニークなシステムを設け、人と人がつながる場を作っている。

 

どんな産業でも、どんな場所からも、ちょっとしたアイデア、工夫と仕掛けで、新しい価値が生まれ、人が集まる。その一例だ。 今度行ってみよう。 

 

f:id:Ahead-of-the-Curve:20170402104610p:plain

f:id:Ahead-of-the-Curve:20170402104554p:plain

 

システム

ただめし

入り口壁に、ただめし券を貼っています。誰でも使えます。困ったときは使って下さい。未来食堂には、50分のお手伝いで一食もらえる”まかない”制度があります。ただめし券は、”まかない”をした誰かが、自分が食べる代わりに置いていった一食です。

まかない

50分のお手伝いで一食さし上げます。詳しくはまかないのページを御覧ください。一緒に働いて、本当のまかないを食べてみませんか?

さしいれ

カウンターに置いてある飲み物を自由に飲むことが出来ます。未来食堂では飲み物の持ち込みが出来、そのかわり持ち込んだ半分を頂きます。カウンターに置いてある飲み物は誰かからの頂き物です。自由にお飲み下さい。(お店が売っているお酒も、滅多に飲めない良い銘柄です。たった一種類だけ置いています)