M's diary - 日本から世界へ -

~日本、世界、社会を考えるブログ~

過去、現在、そして未来

ハルビンに訪れた一つの目的は、中国最北の地でロシアの文明がいかにこのハルビンという地に影響を及ぼしたのかを探るためであることは間違いないが、最大の目的とは日本軍第731部隊の歴史を探ることにある。

f:id:Ahead-of-the-Curve:20170902003802j:plain

ハルビンの中心から車でおよそ20kmの場所にそれがある。遠い昔、日本軍はこの地で細菌兵器を開発し、人体実験を行った。この事実を知る日本人は少ないと思うが、これは拭うことのできない史実である。

当時、細菌兵器の開発は国際法上禁止される行為であった。にもかかわらず、日本軍は開発と同時に実際に中国各地に細菌兵器を使用した。そして「医学の向上のため」という題目の下、多くの中国人を人体実験の実験台で殺めた。これらは日本の教育では決して学ぶことのない史実であり、日本が国際社会、そして人類に対して侵した最大の過ちの一つである。僕は日本人として、この歴史をしかと認識し学ぶためにこの地にやってきた。今回の旅の終着点でもある。 

タクシーに揺られて40分。ハルビン郊外の静かな住宅地に到着した。今では多くのマンションが存在し、多くの中国人がその地で暮らしている。しかしその一角におどろおどろしい姿をした古い建物と煙突が突如視野にはいってくる。それこそが日本軍731部隊研究機関の一部である。 f:id:Ahead-of-the-Curve:20170902003642j:plain

日本軍は、証拠隠滅のために研究所ごと爆破し、今日見えるのはその残骸の一部だ。そして僕は、煙突を見ながら、そしてその上の青い空を見上げながら少しの間目を閉じた。言葉にはならない重苦しい感情と、それとは相反するような突き抜けた青い空と大地の静けさが、その沈黙をより深いものにした。 f:id:Ahead-of-the-Curve:20170902002717j:plain

f:id:Ahead-of-the-Curve:20170902003522j:plain

f:id:Ahead-of-the-Curve:20170902003754j:plain

f:id:Ahead-of-the-Curve:20170902003933j:plain

f:id:Ahead-of-the-Curve:20170902004005j:plainf:id:Ahead-of-the-Curve:20170902003948j:plain

f:id:Ahead-of-the-Curve:20170902003515j:plain

f:id:Ahead-of-the-Curve:20170902003608j:plain

f:id:Ahead-of-the-Curve:20170902003434j:plain

見学中に多くの中国人の見学者を見た。とりわけ今日は多くの小学生や中学生が見学に来ていて、資料館の職員は熱っぽく日本軍の愚行を子供達に伝えていた。日本人がいかにして中国人に対して人体実験を行ったか。細菌兵器をどこに落としたのか?職員の説明は本当に熱を帯びていた。もし自分が小学生のころそのような話をされ、実際に数々の資料を見聞きしたら日本人を悪魔としか思えなかったと思う。でも、遠い昔、日本人は悪魔の様な行為を実際に中国人に対して行った。これは事実であり、日本人である僕たち自身がこの事実を知る必要がある。中国人が日本人を嫌いになるにも理由がある。

f:id:Ahead-of-the-Curve:20170902003312j:plain

f:id:Ahead-of-the-Curve:20170902003233j:plain

f:id:Ahead-of-the-Curve:20170902004031j:plain

f:id:Ahead-of-the-Curve:20170902004018j:plain

f:id:Ahead-of-the-Curve:20170902004045j:plain

f:id:Ahead-of-the-Curve:20170902003154j:plain

f:id:Ahead-of-the-Curve:20170902003252j:plain

いつの間にか随分長いこと研究地跡にいたようだ。そろそろ時間だ。大連を目指して南下しよう。きっと、僕はこの731部隊の地に将来来ることはないだろう。でも「日本人として、一度でもこの地にこれてよかった」。それが素直な感想だ。そして今を生きる僕たちは、未来を見なければならない。