M's diary - 日本から世界へ -

~日本、世界、社会を考えるブログ~

リオオリンピック

リオオリンピックも終盤戦。今回のオリンピックでも多くのドラマに心が動かされた。日本選手の活躍にいたっては、水泳での萩野選手の金メダルから始まり、柔道の全階級でのメダル獲得で柔道王国を復権、レスリング女子の金メダルラッシュは記憶に新しい。個人的には、卓球男子が中国と決勝戦で渡りあったこと、そして今日の男子400メートルリレーで銀メダルを獲得したシーンに沸いた。

 

何事もそうだけれど”極める”こととは芸術だ。それはスポーツも同じこと。

 

実は、僕が実は最も感動したのはシンクロチームの決勝の演技。オリンピック5連覇をかけた重圧の中での決死の演技。人間の想像力は無限であるということがこの演技から伝わってくる。是非、一度見てみてください。

 

【NHKリオ】息をのむ4分13秒 シンクロチーム フリールーティーン ロシア全演技 - YouTube