読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

M's diary - 日本から世界へ -

~日本、世界、社会を考えるブログ~

レクイエム ~行ってしまった朝~

ここ数日、つい先日閉まった当社決算の作業をしていて不眠不休の作業を強いられている。書類を見ながら過ぎ去った一年を思い起こす。数えきれないほどの失敗を経験した1年だった。 頭がパンクしそうになった時はこの曲を聞く。 心に安らぎを与えてくれる曲。…

岩手のかまど

「アイデアとは複数の問題を一気に解決するものである」 と言われている。確かにそう思う。でも、実際はそんなに簡単に優れたアイデアなんて中々出てこない。複数の問題を一気に解決する策などそうはない。事業をしていても実際にそう思う。 そんな中、興味…

朝鮮半島

北朝鮮が5回目の核実験を断行した。米国はグアム基地に配備されているB1Bを明日13日に韓国に配備するという。朝鮮半島の状況が本当に緊迫してきた。 最終的に世界に追い詰められたときに、北朝鮮は捨て身の攻撃をしてくる可能性もある。隣接するソウルはまず…

男の修行

祖父が亡くなって一年。田舎に戻り親族と共にささやかに一周忌が開かれた。 大工の棟梁として地元で大きな雇用を生み、地域に大きな功績を残した祖父だったけど、祖父自身は本当に寡黙な人だった。人前で怒ることは決してなく静に諭す。そんな祖父を多くの人…

車窓から

法事で新潟へ帰省。新幹線の車窓から見える新潟市。こう見ると新潟も大きな街だ。僕の実家がある村までまだ旅路は長い。

民食(みんしょく)

皆さん、タクシーアプリUberは使用したことあります?ようやく日本でも普及し始めたので「まだ」という人も多いのでは?それではAir bnbは使用しましたか?正直、僕はまだどちらも使用したことがない。でも、海外ではこの二つの仕組みは、もう完全にメジャー…

夢KANAU

大学を卒業して新卒で入社した企業はベンチャー企業。熱い気持ち、大きな夢とともに会社の門を叩いたは良いが会社の経営は火の車。会社は大きな借金を抱えもがき苦しんでいた。社会に新しい価値を提案しようという挑戦する想い・使命感とは裏腹に、自分たち…

「さようなら」

「さようなら」 最近言ったのはいつですか?言っていそうで言ってなくないです?僕が最後に言ったのはいつのことだろう。もしかして大学時代くらいまで遡り教授とかに「さようなら」と言ったのが最後かしれない、という位に大昔まで遡ってしまうかもしれない…

郷企業の躍進

最近は、日本でも民泊Air bnb(エアビーアンドビー)がメディアで取り上げられることも多くなってきたために知っている人も多いだろう。本日の日経新聞にこんな記事があった。世界でAir bnbが普及していく中で、中国では破竹の勢いでTujiaが成長している。そん…

徒然なる日記

現在、アクションプランとしての中期計画を考えている。 このブログを最初から読んでいただければ、僕たちの事業がいかに香港という厳しい市場で難局を強いられたかが少なからず伝わるとは思う。でもそれはもう過去の話。数え切れない失敗は僕たちに多くの学…

In Life, It’s not where you go, it’s who you travel with

人生とは、どこへ行くかではなく誰と歩むかだ。 今日しみじみと考えさせられた。

文化を経済力に

これまでもこのブログに沢山書いてきたけれど、僕は自分の故郷新潟が好きでならない。この望郷の思いはきっと皆同じだと思う。自分が育った故郷は記憶の中でいつも優しく残っている。皆それぞれに故郷があり、皆それぞれの愛がある。 実は、僕は10年以内に実…

(余談)オシップソンジュ

ブログの趣旨とは全く関係ありませんが一つご紹介。 赤坂の韓国料理カンガンスルレで韓国人の友人と会食。 そこで驚くべき光景をみた。 tabelog.com 「オシップソンジュ」というらしい。 こうすることで、お酒が自然に混ざる技。 韓国の方がビールにソジュを…

働き方を考える

大学を卒業し入社した会社で定年まで汗水たらして働く。そんな時代はとっくに終わった。 もちろん一部の企業においてそのような人生を送る人がまだいることは事実だろう。でもこんにちの日本において”安泰”な人生を送ることは決して容易くはない。会社の買収…

Whartonに聞け!第11回

Whartonに聞け!第11回の発刊です。これから4週間無料で閲覧できます。 さて、今回の執筆者はサイカット・チャウドゥーリ氏。僕の選考した「Entrepreneurship」の先生だった。当時僕が受講した先生の中では5本の指に入るくらいに魅力的な人材。バリバイに頭…

Akiko Watanabe Personal Exhibition on Sep 25th

本日11月の予約を開始いたしました。同時に、9月25日に香港店において日本に限らず海外でも注目されている 陶芸家渡辺愛子氏の個展を開催いたします。三重県伊賀にて作れる信楽・伊賀の作品はいまやNYやスイスなどの海外のギャラリーからも注目を集めており…

WeChatから見える世界

皆さん、WeChatをご存知ですか?聞いたころはある?でも、おそらく日本人で使用している人は今日現在かなり少ないだろう。僕の直感では1%もいないのではないだろうか。WeChatとは簡単に言えば中国版のSNSのこと。日本でいえばLINEと同じだ。しかし、このWeCh…

時代

昨日は新宿ゴールデン街でひっかけてきた。今でも昭和のにおいがプンプンする飲み屋街。僕の行く店はいつも決まっている。「二都物語」。外見も声もいまだに美しいシニアなママ。昨日はママと男性客とで恋愛話に盛り上がっていた。どんなに歳をとっても男は…

「懐かしき日本」

昨日に引き続き、日光の写真集。タイトル:「懐かしき日本」 中国から来た友人を二日間アテンドして日光を駆け抜けた。温泉、食(ゆば)、歴史、そしてもちろん日光江戸村も行ってきた。友人も大喜びで何より。昨日も書いたけれどに、日光は観光資源にあふれ…

奥日光から

奥日光の湯滝という滝。 日光は、歴史もあり、温泉もあり、大自然もあり、観光資源はリッチだな。

日光へ

海外から友人とその家族が日本へ訪れ、「どうしても」とのことで、今日は大雨の中、観光にアテンド。そして「どうしても!」とのこで日光東照宮へ。今年は、徳川家康が御鎮座してからちょうど400年。天下統一を成し遂げた徳川家康は1616年に死去し、翌年に日…

How you can negotiate to succeed in work and life

今日は一冊の本を紹介したい。僕がこれまでで最も感銘を受けた本10冊をあげよと言われたら、この本を紹介せずにはいられないだろう。ウォートンビジネススクールの教授であるスチュアート・ダイアモンド氏の著書「Getting More」だ。ダイアモンド氏の専門領…

How long will you wait?

BBCで面白いニュースを見つけた。オンラインビジネスが日々僕たちの生活の中に根を広げている。そしてその情報量も日々増加していて、画像・動画をはじめとしたコンテンツをダウンロードする時間が年々増加しているという記事だ。 オーストラリアでは、昨年…

故郷忘じがたく候

司馬遼太郎氏の作品の一つ「故郷忘じがたく候」を本日の題名にしてみた。故郷はいつまでも懐かしく忘れがたいもの、という意味だ。 昨日は、事業人としての先輩でもあるSさんと会食。2時間と少しの会食だったけれど、話は多岐に渡り学び多き時間となった。S…

fire stick

皆さん、 Amazon fire stickをご存知ですか?実は、先日自分も購入しました。 これは何かというと、写真にある機器をテレビに挿入するだけで、Amazonのプライム会員(注文品の送料が無料、速達など:年会費3900円)は、多くの映画が無料で見れてしまうのであ…

2020

リオオリンピックが閉幕した。 そして今日から、世界は4年後の東京オリンピックに向けて少しずつ動き出す。自分の母国でオリンピックを見れること、それはなんて幸運なことだろう。「2020」。それは日本という国が世界に対して今一度輝ける大きなチャンスと…

日本酒の高級化

日本酒には高級品がワインと比べて少ない。理由はいくつか考えられる。古くは各地域の蔵元で製造され、地元で流通し、地元の人に飲まれていた。そのことから適正価格で地元民に提供することを蔵元も良しとしていた。それが、所謂高級品が生まれにくかった一…

リオオリンピック

リオオリンピックも終盤戦。今回のオリンピックでも多くのドラマに心が動かされた。日本選手の活躍にいたっては、水泳での萩野選手の金メダルから始まり、柔道の全階級でのメダル獲得で柔道王国を復権、レスリング女子の金メダルラッシュは記憶に新しい。個…

Whartonに聞け!第10回

ウォートンに聞け!10回が発刊されました。 今後4週間、無料で読めます。 ぜひ、目を通してください。 courrier.jp

香港よ 香港よ

現在、香港国際空港でこのブログを書いている。3日の滞在だったけれど、様々な人と会い、様々なマーケットに訪れ、様々なものを食した。あくまで仕事だったわけだけど、香港づくしの3日間だった。 総括として、率直な感想は、1年前に比べて明らかに街全体の…

香港で勝負 ~2 years ~

高級住宅街Happy Valleyにある「譽満坊」。 香港に行ったときは、是非TRYしてみてください。 お勧めの一店です。 さて、グルメレポートはここまで。Happy Valleyに訪れたのは2年ぶり。2年前、実はこの地で僕は香港での創業を計画していた。富裕層が多数住む…

様々な顔を持つ街

世界有数の国際都市香港。 この街には何でもある。 香港の代名詞、近代的なビル群 そして、裏路地 今日の朝ごはん。最高に旨い。 道端で30年(?)、焼きそばを作り続けるおじさん。まだまだ若いもんには負けん。 未だにのこる竹の骨組みと、夜の下町。

夏の香港へ

田園に囲まれた緑の世界を離れ、大都会東京へ。そして今この瞬間香港に到着した。現在、空港でこのブログを書いている。香港へ来るのは数ヶ月ぶり。今回はいつもより少しだけ余裕のある旅程となっているので、香港レポートを現地から送ろうと思う。今回の香…

地方色を世界へ

現中国語を勉強している。といってもかれこれ10年試行錯誤している。時代は便利になったもので週に2回程度スカイプで中国在住の先生とレッスンをしている。25分で600円だ。まぁ、一般的に考えて安いといえるだろう。実は、毎日中国語で日記を書いていて添削…

お盆

今日はお盆。先ほど先祖のお墓でお参りをしてきた。 あまりにも天気がよく、空が青く、緑が濃く。 思わずお墓参りまでの旅路を写真におさめた。 今日は、親族が集まり、久々の顔合わせ。

大越君がんばった!

昨日、甲子園で新潟県代表中越高校と富山第一高校の一回戦が行われた。 試合は、9回裏サヨナラで富山第一が1-0で勝利。 新潟県勢は涙をのんだ。 実は、この2番バッター大越君は実家の隣の隣の家の青年。 村中には写真のように応援幕が立てられて甲子園で…

田舎

自慢の故郷の風景。 いつまでも変わらないでほしい。

東京新潟物語

雑多な大都会東京を離れ故郷新潟へ。 いつもは車で帰るけれど、混雑を避けて今回は新幹線にて。車窓から見える世界は活きた田園の緑の世界だ。上越新幹線に乗るといつも目にとまるポスターがある。吉乃川のポスターだ。長岡が誇る日本酒蔵元。 そのポスター…

隠れ家発見

グルメレポートは続くわけだが(笑)、このお店も面白かった。 素材へのこだわり、内装へのこだわり、そして何よりも良いのが本格的な隠れ家。 勉強になった。 内装や料理の構成は女性に受けるだろうね。 価格帯も決して悪くはない。 おしゃれに、シンプルに…

泥味亭(どろみてい)

友人のS君と語る。 いつもS君が紹介するお店はセンスに満ち溢れている。 この店、すばらしいです。 ご夫婦二人で担っているお店。 昭和の匂いのプンプンするやさしい隠れ家。 星★★★★★ kagurazakagohan.com

捻香(ひねか)

とあるお鮨屋さんにいってきた。そこそこ評判のしっかりしたお店。以前行った時にその美味しさにえらく感動したため、今回は友人を誘って2度目のトライ。座ればコースが勝手に始まる素敵なお店。 お鮨といえば日本酒。早速注文したところ、店主は新しい一升…

瀧本哲史さん

瀧本さんの本がずっと好きで全ての著書を拝読させていただいている。 難しいことを簡単に書ける人。 そしてinsightful。 いつも僕にintelectual nutritionを与えてくれる。 投資家であり、教育者であり、執筆家。 僕が目指す姿そのものだ。 瀧本哲史 - Wikip…

地方から世界へ

夏の風物詩、「花火」。 今年も我が故郷長岡花火を見に行くことができなかった。 残念無念。 小さいころはこの花火が楽しみで楽しみでしかたなかった。 おじいちゃんとおばあちゃんに連れられて、浴衣を着ていったっけ。 でも三尺玉の迫力がすご過ぎて、涙し…

一つずつ、一歩ずつ

一つ、仕事にきりがついた。 山場は乗り切った。 2016年の前半が終了という感じ。 さぁ、もう直ぐ香港だ。 でも、その前にお盆は田舎に帰ろう。 おじいさん、おばあさんのお墓参りをしなきゃ。 草もきっと伸び放題だろうから、草むしりをしよう。 さて、2016…

再会、そして再開

再会は一本の「酒」から始まった。 恩師の会社の20周年記念に僕の故郷のお酒を贈ったことから。 市島酒造「夢」 恩師との再会は5年ぶり。 様々な理由から、5年間のdisconnectionがあった。 5年ぶりに会った恩師は昔のまま。 バイタリティーに溢れ話が大好き…

Whartonに聞け!第9回

このシリーズも第9回になりましたt。 これから4週間は無料です。 ウォートンに聞け! 第9回「社会問題を投資の仕組みで変革する『ベンチャーフィランソロピー』とは」 | クーリエ・ジャポン

もの凄いもの発見してしまった

僕のブログが何のブログかわからなくなりそうだけれども昨日発見したinnovationの紹介。でも、きっとこれを見て価値を感じる人は沢山いるに違いない。 まず名前がすごい。 酒豪伝説 琉球酒豪伝説について 「飲んでおくと翌日の不快感がない!」と評判の琉球…

生き残るって大変

つい先日、米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズが、米ヤフーのネット事業などを買収することが発表された。インターネット時代の草分け的な存在として世界に変革を起こしたヤフーの売却は、時代の変化の厳しさを表している。とりわけネットビジネス…

My friend forever

明日は、友人Nの命日。 あれからもう16年か。 あっという間だった。 思えば、僕がオーストラリアの大学へいったこと、 アメリカへ行ったのもNが切欠だった。 それが切欠で16年後の人生は大きく変わった。 複雑な人だった。でもNが僕に中に残したものは大きい…

8年前の日記

8年たったか。 昨日のようだ。 大事な経験だった。 since1999k.exblog.jp